更新日:2019-12-01 12:00

東北学院大学

  • 友達に教える
  • 学校トップ
  • 資料請求
  • 奨学金
  • アクセス
  • 学部学科情報
概要
理論的な学習とともに、問題発見や解決力、提案能力といった「人間力」を磨き、個性豊かなビジネス・パーソンを育てる。

経営学科

経営学全体を見通す大きな視野と企業運営に関わる基本的なスキルを養成。経営者を招いて議論する授業など、理論だけでなく実践的な研究・教育を行う。マネジメント・アカウンティング・ファイナンス・マーケティングの4コースからなる。

概要
専門スタッフの指導と体系的に編成された教育課程により、幅広い教養と経済についての専門的知識を習得する。

経済学科

基礎から応用へスムーズに専門知識を習得し、経済の理論と実際を広く学べるカリキュラム。4年間一貫の「対話型少人数教育」を展開。

共生社会経済学科

共感する力=「共感力」を磨き、よりよい共生社会についてより具体的に考察することを目指す。小規模な学科の特徴を生かし、フィールドワーク(体験学習)なども取り入れた密度の濃い教育スタイル。

概要
「ことば」の学びを通して、古今東西の人々の「こころ」の営みを学ぶ。充実した外国語学習が可能であることや少人数教育が特色。

英文学科

専門領域を横断するカリキュラムで、英語を軸としたさまざまな学問にアプローチする。「英語コミュニケーション分野」「英米文学分野」「英語学分野」の中から希望の分野を選択。夜間主コースには「総合英語研究分野」がある。

総合人文学科

「思想・哲学」「文化・芸術」「宗教・神学」の3分野を設け、キリスト教の精神に基づいた人文学教育を行い、主体的に考え社会に奉仕できる人間形成を目指す。充実した専任教員と少人数制を採用したきめ細やかな教育が特色。

歴史学科

グローバルな視点で歴史を見直し、現代社会に対処できる力を養う。日本、アジア、ヨーロッパ・アメリカといった地域別の歴史を横断的に学ぶことができる。

教育学科

時代が求める先生を育てるため、少人数教育の中で専門教育・充実した英語教育のカリキュラムより英語指導力を学び、人間的成長を支援することができる人材養成を行う。

概要
(1)人生を主体的に生きる力、(2)法についての正しい知識と思考、(3)法を広い視野からとらえる教養、(4)人間の尊厳への深い理解、(5)隣人(他者・社会)に奉仕する精神。以上5つを教育目標とし、これに則ったカリキュラムを展開。

法律学科

専門的知識だけではなく、学生一人ひとりの主体性を尊重し、その人間的資質を高める教育。「政策・行政コース」「企業法務コース」「法律専門職コース」の3コースを設置。

概要
技術知識の修得だけでなく、新しい技術・新しい産業を生み出すために必要となる「科学的に考える力」と、人類社会との関係の中で必要となる「人間の真の英知」を学び、「倫理観と英知を備えた工学技術者」を育成する。

機械知能工学科

機械と人間社会とを結びつけることのできる、自立したエンジニアとして活躍できる人材を育成。「スマートデザインコース」「グリーンエナジーシステムコース」「バイオロボティクスコース」「メカノエンジニアリングコース」の4コースを設置。

環境建設工学科

「建築コース」「環境・土木コース」の2分野を対象に、地球規模で考えるべき環境問題から社会で必要とされる建設事業までを幅広く学習。

電気電子工学科

「電気エネルギー」「情報通信システム」の領域の理論と技術を学び、「電力・制御系」「情報・通信系」「電子・材料系」の専門分野の実験・実習より問題解決力を高め、世界をリードする人材・技術者育成を目指す。

情報基盤工学科

「データ解析」「通信ネットワーク」「情報セキュリティ」の3つの分野をバランスよく学ぶことができ、情報・通信分野で求められる専門スキルを養う。

概要
東北学院大学の中で唯一文理融合型の学部であり、学問の多様性と学際性を大きな特色とする。

人間科学科

心理学・社会学・教育学・体育学の4つの専門領域に専任の教員を配置。最新の実験実習設備で各種実験・調査の技法を習得。

言語文化学科

文化や価値の相違を越えた地平に、より良き「コミュニケーション」の可能性を模索することを目指す。言語論を核に複数の外国語を習得する独自のカリキュラム。

情報科学科

コンピュータ技術を支える基礎分野から最先端技術まで総合的に学習。「コンピュータネットワーク」「自然科学」「コンピュータ科学」「数理科学」の4つの専門分野からなる。

地域構想学科

「人と自然」「健康と福祉」「社会と産業」の3分野からなり、生活者の視点から「よりよい」地域生活を構想し実現できる人材を育成。実習や演習では大学の外に出て調査活動や実践活動を行う。