更新日:2019-09-01 12:00

広島修道大学

  • 友達に教える
  • 学校トップ
  • 資料請求
  • 奨学金
  • アクセス
  • 学部学科情報
概要
コミュニケーション能力・現代社会の課題を理解する能力の育成と、自律的な人間育成を目的としている。

人間関係学科

社会学のさまざまな領域と方法を幅広く、複数の教員が開講する専門演習から学び、研究を深め進路を具体化していきます。

英語英文学科

実践的な英語コミュニケーション能力の修得を目指し、2年次より「英文文化・文学コース」「英語学・英語教育学コース」を選択し、より実践的な「通訳翻訳プログラム」も学習が可能。

教育学科

現場で実践力を磨く機会が豊富にあり、多様な教員免許が取得できるだけでなく、保育士資格等の基礎資格などの取得も目指せます。

概要
「ゆるやかなコース制」を導入し、学生たちが将来の進路や方向性を意識しながら積極的に学ぶことができる。

商学科

ビジネス活動への理解とその適応方法を学ぶ。様々なビジネス活動の中で重要性の高い「流通・マーケティングコース」「地域・観光コース」「金融ビジネスコース」「国際ビジネスコース」の4コースを設置。

経営学科

経営計画を立て、それを実施し、結果を検証評価し、改善するという一連のプロセスを学ぶ。「ビジネスマネジメントコース」「起業・事業継承コース」「会計コース」の3コースに分かれる。

概要
法(規範やルール)の役割や国際政治のダイナミズムを理解できる高度な教養を身につけた社会人を育成する。

法律学科

物事を一方的にとらえずに多様な観点からの分析・判断をふまえ、最も妥当な解答を模索していく考え方が必要であり、こうしたリーガルマインドを養成する。

概要
情報科学等の現代的諸科学を大幅に導入し、コンピュータ等を用いて実際の社会・環境・経営等を含む経済現象を的確に分析することを試みる。

現代経済学科

複雑きわまりない経済現象や経済問題の解明をめざし、特に実証的手法や統計的手法に比重を置いた、現代的で科学的な手法を用いて経済分析を行う。

経済情報学科

「コンピュータ適用の対象である経済社会の学習」「コンピュータの基礎であるシステム科学の学習」「コンピュータそのものを理解するための情報科学の学習」という3要素に分類された学問領域により授業が進められる。

概要
大量消費型社会の見直し、21世紀型の社会をつくっていくための学問を修得していく。

人間環境学科

社会・文化・経済・政治・法律・自然などが複合的に関連する領域において、環境問題を総合的に把握・分析できる広い視野と知識を習得し、思考・判断する能力を養っていく。

概要
国際社会を一つのコミュニティと捉え、大学で学ぶ知識を地域や世界での実践と結びつけながら、学修を深めること目指す。

国際政治学科

グローバル化のなか、世界で起きる諸問題を理解し、平和な国際社会の実現の為、「国際コミュニケーション領域」「国際政治領域」「地域研究領域」「政治・経済領域」等を学び、政治のあり方を理解する人材養成を目指す。

地域行政学科

「政治領域」「行政領域」「政策領域」「法律領域」等を学び、地域社会のイノベーション・地域の持続的発展を行なえる構想・実行力を兼ね備えた人材育成を目指す。

概要
生物学的・生理学的基礎に関する知識を習得し、自己及び他者を健康に導くための実践力を備えた人材の養成を目的とする。

心理学科

「心理臨床コース」「心理調査コース」「心理科学コース」の3つのコースを設置しており、臨床心理学を中心に学ぶ。

健康栄養学科

栄養教諭一種免許状の取得に必要な科目などを用意しており、「管理栄養士」に必要な「医学」「保健」「衛生学」「栄養学」「食品学」など学び、心理カウンセリング関連の知識や技術も修得する。