更新日:2019-12-01 12:00

福岡大学

  • 友達に教える
  • 学校トップ
  • 資料請求
  • 奨学金
  • アクセス
  • 学部学科情報
概要
柔軟、体系的、総合的、論理的、バランス感覚など法的思考力を身につけ、公平な判断能力をもった社会人に。

法律学科

1年次から将来を意識したゼミを設け、憲法・民法を基本に法律総合コース、公共法務コース、総合政策コースに分かれる。

経営法学科

起業、個人経営などの実践的な法的能力の育成をめざす「ビジネスマネージメントコース」、貿易・外資系企業・旅行業などの国際的な活躍ができる実践的な法的能力の育成と国際感覚を身につける「インターナショナルスタディコース」の2つを設置している。

概要
あらゆる学問の基礎であり、帰結点であるべき「人間の科学」。そして「人間の生き方」を追究する学部。

文化学科

各学年に設置した必修科目を中核とし、その周囲に思想史科目群、比較文化科目群、文化学共通科目群を選択科目とするカリキュラムによって、現代社会に生きるための総合力を養う。

歴史学科

「考古学」「日本史」「東洋史」「西洋史」の各専修の専門知識を柱に、他専修の知識をも修得できるようカリキュラム構成されている。アジア世界、ヨーロッパ世界を見据える、国際的視野を持つ人材を育成する。

日本語日本文学科

日本語および日本文学を諸外国との関係において考察し、また歴史的変遷も重視する。カリキュラムには「比較文学」といった授業がある一方、国語学・国文学の伝統的な方法による授業も組み込まれる。

教育・臨床心理学科

人を育てる「教育」の営みと、人の心に関わる「臨床心理」を学ぶ。1、2年で「教育」と「臨床心理」の基礎を習得し、3年次から自分の適性や興味関心に応じて、自分の進路に沿った柔軟な科目選択ができる。

英語学科

英語の四技能(聴く・話す・読む・書く)の訓練に力を注ぎ、英語の関連領域を広く深く学び、得た知識や経験をもとに自分自身を磨いていく。

ドイツ語学科

1年次から週6回のドイツ語の授業があり、少人数で行き届いた授業が展開される。ドイツ語現地研修も開講されている。

フランス語学科

1年次より文法・読解の授業のほか、音声による学習中心のフランス人教員による会話の授業が少人数制で行われる。

東アジア地域言語学科

主に中国と韓国を中心において学ぶ。1年次には中国語と朝鮮語の両方を学び、2年次から中国コース・韓国コースの2コースに分かれ、各地区の言語文化・社会文化に対する理解と独自の視点を養成する。

概要
基本的な経済理論をしっかりと学び、調査・データ解析・モデルの構築を通じて、社会・経済・制度に関し、グローバルな視点から合理的な考え方ができる力を身に付ける。

経済学科

「実践経済分析コース」「応用経済学コース」「社会経済学コース」の3コースを設置。「生きた経済」を学び、実社会での即戦力をめざす。

産業経済学科

「起業家育成プログラム」と「地域イノベーションプログラム」からなるプログラム制。学外での実習・調査、情報技術を重視し、企業社会のエキスパートを育成する。

概要
産業・貿易・金融・商業・流通分野(の各企業)で優れた力を発揮するビジネスリーダー、マネジメントリーダーなど商業学の教養ある有為な人材を育成する。

商学科

商学の本質をいくつかの分野で総合的に学び、さらに1年次からの充実したゼミを通して、構想力と実践力に富むニュービジネスリーダーの養成をめざす。

経営学科

経営学と会計学の2分野からトータルに学び、会計のことがわかる経営人、経営のことがわかる会計人、経営のプロや公認会計士、税理士などをめざす。

貿易学科

コミュニケーション能力を高めるため、各国経済に関する豊富な専門教育科目や貿易の実務を学び、国際ビジネス社会で活躍できる人材を育成する。

第二部商学科

社会人や熟年層のための夜間コース。流通・金融、会計、経営、国際ビジネスコースの4コースを開設。自分の関心に合わせてコースの各科目を組み合わせて履修することも可能。

概要
4つの学科+2つのインスティテュート、少人数クラスで「物事を自分で考える力(論理力・分析力・応用力・創造力)」を養い、精神の自立を図るための教育をおこなう。

応用数学科

基礎的な数学からより高度な数学へと体系的に数学を学ぶことで、数学の力だけではなく、論理的な思考力や問題の本質を見極め解決する力を身につけ、「数学で学ぶ」ことができる人材を育成する。「社会数理・情報インスティテュート」が設置されている。

物理科学科

物理学を中心として、材料・環境・生命などに関わる広範な科学を学ぶ。合理的な視点・思考法、問題解決能力を養い、それらを生かして社会の発展に貢献する人材の育成を行う。「ナノサイエンス・インスティテュート」が設置されている。

化学科

新しい機能性物質の可能性を探究する「物質化学」、分子が織りなす生命のしくみを探究する「生命化学」の2分野を柱に、物質の構造や性質、変化のしくみを原子・分子レベルで理解し、深い知識を得る。「ナノサイエンス・インスティテュート」が設置されている。

地球圏科学科

「地学」「地球物理学」「生物学」の手法を学び、地球圏で観察できるあらゆる自然現象のしくみや、各圏間の相互関連性を探求し、地球とその環境について、「幅広い知識と視野を持った人材」を育成する。

概要
工学・技術に求められる豊かな創造性と実務に則した応用力を育成するために、十分な基礎学力に加えて深い専門の科学技術と、幅広い教養を修得させて調和のとれた人格の発達を促す。

機械工学科

機械工学の基礎をしっかり学ぶことで専門科目の理解度向上を図り、併せて問題解決能力・発表能力・コミュニケーション能力を養う。

電気工学科

電気基礎から始め、「情報・通信・計測」「電気エネルギー・制御」「電気・電子材料」「その他の分野」の4分野を4年間一貫して学ぶ。

電子情報工学科

情報コース、情報システムコース、電子通信コースコースの3コースにコースに分かれ、「電子のわかる情報工学技術者」と「情報のわかる電子工学技術者」の育成を目指す。

化学システム工学科

「化学工学コース」と「分子工学コース」の2コースを設置し、工業で実際に使用する化学装置の設計・操作のための基礎理論や、無機・有機化学工業、環境保全技術などを主に学ぶ。

社会デザイン工学科

安全で快適に暮らすための社会基盤を計画、設計、施工、維持管理するための理論や技術を学ぶ。

建築学科

「社会貢献・地域連携」「基礎学力の充実」「高度で実践的な専門性と調和のとれた教養を有する人格の形成」に沿った教育を行う。

概要
つめこみ型の医学知識・技術の修得ではなく、生命の尊厳を理解し、常に医の倫理性を念頭におうた教育を実践する。

医学科

「人が人を治療する」という原点を忘れることなく、「人間」としても質の高い医師を育成していく。

看護学科

地域や国際社会の発展に尽くし、人類の健康や幸せに貢献できる創造的で個性豊かな人材の育成をめざす。

概要
医療系総合大学の中にある薬学部の特長を生かして、有機・物理・生物化学を基盤に、最先端の医療・臨床薬学、創薬科学および総合薬学に重点をおいた教育を実践。

薬学科

6年間で医療に関わるさまざまな分野を詳しく深く教育し、より実践的で応用力豊かな薬剤師を養成する。人々の生命と健康を守り、社会に貢献することをめざす。

概要
人間とスポーツ・運動との関わりを高度なスポーツ・健康の医科学的見地から学ぶ。さらに、スポーツの真髄と奥義を究め、豊かなスポーツライフを築くリーダーを育成する。

スポーツ科学科

ハイレベルのスポーツ競技者、トレーナーやコーチなどの指導者、スポーツのスペシャリストを育成する。スポーツを科学的に解明して実践し、スポーツの本質に迫る。

健康運動科学科

心身の健康維持・増進・回復など健康運動医科学の技術と知識を修得。運動やスポーツを生活の中に取り入れ、地域に密着した活動をおこなえる人材を養成する。