更新日:2019-09-01 12:00

名古屋大学

  • 友達に教える
  • 学校トップ
  • 資料請求
  • 奨学金
  • アクセス
  • 学部学科情報
概要
法律学・政治学等の総合的な知識を身に付け、グローバル社会において物事を総合的に判断する能力、また的確な意思決定を行う能力を養う。

法律・政治学科

1年生からの法学・政治学の専門教育がはじまり、基礎から応用まで、4年間の系統的なカリキュラムのもとでじっくりと法学・政治学を学ぶことができる。

概要
国際化し情報化する現代社会において創造性を生かし積極的に取り組み、社会をリードできる人材を養成。

人間発達科学科

「生涯教育開発」「学校教育情報」「国際社会文化」「心理社会行動」「発達教育臨床」の5コースからなり、人間の発達・学習・社会化など「人間形成」に関わるさまざまな問題を、いろいろな観点から理論的・実践的に学ぶ。

概要
学問的伝統をもった「哲学」「歴史学」「文学」という分野より、人文学の先端を目指す

人文学科

「哲学」「歴史学」「文学」といった伝統的な領域から、「人類学」や「言語学」などの人文学の多様な領域から構成されており、徹底した少人数教育やフィールドワークを取り入れた授業、学際的な教育プログラムなどから、21世紀の社会を担う人材育成を目指す。

概要
経済学部一括で募集し、2年次より経済学科・経営学科に分かれる。

経済学科

幅広く社会で通用する思考能力を養う「経済ジェネラリストコース」、政策分析を行うスキルと能力を養う「理論・政策スペシャリストコース」、社会において指導的立場で活躍する人材の育成をめざす「社会経済分析コース」の3コースがある。

経営学科

オールマイティなビジネスマンとして活躍できる人材の育成をめざす「経営ジェネラリストコース」、起業家等、経営スペシャリストとして活躍できる人材の育成をめざす「経営スペシャリストコース」、職業会計人として活躍できる人材の育成をめざす「会計スペシャリストコース」がある。

概要
「情報学」の教育研究を通じて、取り組むべき課題の発見と解決・組織マネジメントや制度設計・情報社会の基盤となる仕組みやシステムの構想・設計を行なえる人材育成を目指す。

自然情報学科

理系分野の授業を中心に、「複雑システム系」「数理情報系」「環境システム系」の3つの教育系に分かれて専門分野を学習する。

人間・社会情報学科

「社会情報系」と「心理・認知科学系」の2つの教育系で構成されており、情報科学の技術と人間や社会を媒介とし、新たな価値を創造する人材育成を行う。

コンピュータ科学科

「情報システム系」「知能システム系」の2つの教育系で構成されており、情報システムを設計するITアーキテクト・情報システムのセキュリティを担う担当者、フルスタックエンジニアや公共サービスにイノベーションをもたらす担当者などの人材育成を行う。

概要
自然科学の基礎となる学問の研究と教育を行う。

数理学科

基礎力と広い視野を重視した教育理念のもと、高度で奥行きの広い世界を構築する。

物理学科

自然界を貫く単純で普遍的な真理の追究、素粒子・宇宙や物質、生物すべての理解をめざす。

化学科

物質科学の分子レベルでの理解と新展開を目指し、それに必要な基礎を体系的に深く学ぶ。

生命理学科

生命現象を遺伝子DNAやタンパク質などの動きから理解することを目指す。

地球惑星科学科

地球と惑星の起源と進化そして現在の姿を様々な角度から明らかにすることを目指す。

概要
人類の健康の増進に寄与する先端的医学研究を進め、新たな医療技術を創成する。医の倫理を尊重し、人類の幸福に真に貢献することを誇りとする医学研究者及び医療人を育成する。

医学科

人間性・倫理性、科学的論理性を備え、創造力・独創性に富む医師、医学研究者を養成する。

保健学科

「看護学専攻」「放射線技術科学専攻」「検査技術科学専攻」「理学療法学専攻」「作業療法学専攻」に分かれ、しっかりとした知識・技術に根差した「医の心」を理解する心優しい医療人を育成する。

概要
基礎科目を重視し現在の科学・技術の水準を理解し、創意改善しながら工学を応用する能力のある技術者・研究者を養成する。

物理工学科

「材料工学コース」「応用物理学コース」「量子エネルギー工学コース」からなり、新しい原理、環境にやさしい材料、新しいエネルギー技術を開発する研究を行う。

環境土木・建築学科

「環境土木工学コース」「建築学コース」からなり、インフラや建築・都市等の良好な社会環境を創造する学問を学ぶ。

化学生命工学科

化学の基礎である「物理化学」「有機化学」「無機化学」「分析化学」「生化学」などを基礎から体系的に学び、化学に基づく総合力と広い視野・思考力を有した人材育成を行なう。

マテリアル工学科

基礎となる「物理」「化学」「数学」を学び、「材料工学」「化学工学」の専門知識を習得し、未来を支える人材育成を目指す。

電気電子情報工学科

電気に関わる幅広い技術分野の教育や研究を行っており、ナノテクノロジーや情報システム・先端エレクトロニクスなど各分野を基礎から学び、国際的視野・社会的視野を備えた人材育成を目指す。

機械・航空宇宙工学科

「自然科学分野」の基礎・応用技術を探求する学科で、機械工学および航空宇宙工学に共通する基礎教育・専門教育として根幹となる様々な学問分野を、演習・実験・実習を交えながら学ぶ

エネルギー理工学科

少人数制の学科の特徴を活かし、エネルギーに関連する新材料や最先端計測技術・エネルギー発生システムなど幅広い分野について、基礎から学ぶことができる。

概要
生命科学・バイオテクノロジーなどの学術・技術の進歩への対応と、社会からの要請に応えて領域横断的な視点で問題解決を指向する専門技術者・研究者の育成を目指す。

生物環境科学科

「生物」と「環境」を軸に、生物圏における環境保全と生物生産活動との調和や、環境に負荷を与えない生物資源の多目的利用をめざす。

資源生物科学科

生物の多様な機能を分子から個体・集団レベルで理解し、その機能を高度に活用し、食料生産・地球環境・人間の健康にまつわる問題の解決をめざす。

応用生命科学科

バイオサイエンス(生命科学)やバイオテクノロジー(生命工学)についての専門知識と技術を学び、微生物・植物・動物細胞などを対象として、遺伝子・タンパク質・生理活性物質など生命を支える分子の構造や機能について研究し、食と健康など人類が直面する諸問題の解決に貢献できる人材の育成する。